Wifiの選び方のポイント

Wifi(無線LAN)を利用する場合選び方は、どういう環境でどう言った使い方をするかで変わってきます。有線LANと違いケーブルを必要としないので、パソコンやスマートフォンなど様々な端末で利用可能です。


その為には、無線LANを使うためのルーター選ぶ場合ある程度気をつけるポイントがあります。



初心者などによりWifiの選び方がよくわからないケースでは、まず部屋の間取りが選択の目安で、この場合広い間取りほど、価格が高くなります。
注意点としては4LDK向きのルーターであれば2LDKの環境で使っても差し支えがありませんが、逆に2LDKを4LDKに使う場合2LDKの分しか電波が飛ばないので家全体で使用するのではなく、広さの分の部屋にルーターを設置して使うと言ったことになります。



広さにあったものを選んだ場合はルーターを中央に置く事がポイントで、もし端に置いた場合反対の端には電波が届かないことになり、これは電波がルーターから放射されることによります。

Wifiルーターがある程度理解できているのであれば、「ac対応」や「ビームフォーミング対応」が選び方の要点とです。


まず無線LANの通信規格であればIEEE802.11acを選択が最適で、これであれば大概がビームフォーミング対応しているので端末の距離や方向を判別しピンポイントに電波を届けるのでネット環境が快適になります。
端末を複数使うのであればアンテナの数(ストリーム数)も考慮する必要があり、例えば4ストリームならアンテナが4つあるので1ストリームのものよりぐっと通信が安定します。



top