Wifiの通信速度が落ちてきたら実践したい対策

Wifiの通信速度が最近遅くなってきた、そう感じたら改善策を講じてみましょう。故障を疑う前に手軽にできる改善策の実践が先決、まずは置き場所を確認したいところです。

例えば、ワイヤレスルータは他の電子機器の出す電波の影響を受けます。パソコンや家電製品が出す電波でWifiの通信速度が著しく悪くなる可能性は低いですが、台所に置かれた電子レンジだけは要注意です。

電子レンジで食べ物を加熱させると、電磁波が発せられます。


その周波数とWifiの規格は相性が悪く、加熱中だけ通信速度が落ちる、という事が分かれば少し置き場所をキッチンから遠くにしてみましょう。
次にワイヤレスルータと各製品の距離が遠すぎると通信速度が悪くなります。



配線の関係で玄関にルーターを設置し、普段は遠くの居間や自室でネットをよく利用している、このような場合だとWifiの正しい速度が実感出来ません。



月並みですが、設置場所を日常的に過ごす部屋にするのがオススメです。
更に考えたいのが周辺住宅との電波干渉です。


以前は自宅にワイヤレスルータを設置する世帯は珍しかったですが、近頃は多くの家庭が置き始めました。

その結果、住宅が密集している地域ではお互いの機器が電波干渉し、通信速度に悪影響を与えています。

具体的な対策としてはワイヤレスルータの設定を変更する事です。


使用チャンネルを手動で変更すれば、周辺住宅との干渉が避けやすくなります。



大抵のお宅ではいわゆるディフォルトの設定で利用しているため、変更するだけで大幅に速度が改善するのです。

top