合宿免許というのは、宿舎やホテルに泊まり込みながら、集団で、しかも短期集中の日程により、学科・技能のそれぞれの教習を受け、卒業に至るというメニューになっています。

そのため、短期間でできるだけ多くの教習を受けられるように時間割が組まれていますが、これはやみくもに期間を短くして、1日のなかにより多くの教習を詰め込めばよいというわけではありません。



技能教習の場合、実際に自動車を運転することになるため、あらゆる認知力・判断力を使うことになります。そのため、休みをとらずに一定の時間継続して運転をするようであると、体が消耗して事故を起こしやすくなってしまいます。


特に、運転経験が未熟な教習生であればなおさらのことといえます。

このような理由から、国の規則のなかでは、教習所で1日に技能教習が受けられる時間数は、第1段階の場合は2時限まで、第2段階の場合は3時限までと、あらかじめ決められているのです。



合宿免許で教習所を卒業する場合であっても、自宅からの通学で卒業する場合と同様に、所定の技能教習・学科教習の両方の課程を終えなければなりませんので、どのように時間割を工夫したとしても、合宿免許の期間は2週間程度は見なければならないということになります。



ただし、それでも通学の場合と比較すると、かなりの短期間で卒業できることには間違いなく、費用と時間を節約しながら、効率的に運転免許証を取得したいと考える人にとっては、メリットがきわめて大きなものといえます。

Copyright (C) 2015 合宿免許の期間の制限 All Rights Reserved.